解説

インディーズ映画が空前の社会現象となった昨年に続き、いままた日本映画の底力を見せつける傑作が現れた。それが永山正史監督作品『天然☆生活』である。

 

どこか、かつてのアメリカン・ニューシネマ平成版を想わせるロードムービー『トータスの旅』で、 2017 年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のグランプリに輝いた永山監督が、その受賞による次回作制作補助金を基に完成させたのがこの作品。

長閑で平穏に見える田舎の、茅葺き屋根の一軒家に棲息するウルトラニートな主人公の元へ、都会からの無邪気な外来種一家による侵略が、思いもよらない結果をもたらすのだ。

主人公タカシの川瀬陽太、幼馴染ショウの鶴忠博、従兄で本家の長男ミツアキの谷川昭一朗。

日本の役者の層の厚さを見せつける、俳優たちの味のあるキャラ。闖入者、津田寛治の慇懃無礼な面白さときたら! もちろん前作に引続き“亀”も重要な役どころ。

タカシが叩くボンゴの響き。流れる「見上げてごらん夜の星を」「バラが咲いた」に「星影のワルツ」。 この映画は懐かしの昭和歌謡ミュージカルな趣も。と思いきや、突如カルトへ、スプラッタな味わいへ!

 

エンターテインメントでありながら、骨太な反骨スピリット溢れるアメリカン・ニューシネマを受け継ぎつつ、永山正史監督が打ち上げた、新たなヒューマン・ハイブリッド・ムービー。

 

平成の終りに出現した、すべての寂しい人の心に寄り添うこの傑作『天然☆生活』は、きっと観客あなた自身の生活を強烈な"光"で包み込むに違いない。

文:塩田時敏 (映画評論家)

ストーリー

単線列車の走る長閑な田舎。
50歳独身のタカシには、夢も仕事も家もない。認知症の叔父の介護を条件に、本家に居候させてもらっている身だ。

叔父が亡くなり、その息子のミツアキが帰ってくる。幼馴染のショウも交え、再会を果たす旧友三人。 叔父の釣り堀を営みながら、楽しく過ぎていくタカシたちの生活。

そんな頃、東京からある一家が引っ越してくる。田舎でのナチュラルライフに憧れ、古民家カフェ開業を夢見る一家。彼らはタカシの住む美しい茅葺の本家に目を付ける。 タカシたちの平穏な日常は、徐々に崩れ始めていく。

95分 / DCP / 16:9 / 2019

©TADASHI NAGAYAMA  配給 Spectra Film

  • Twitterの社会のアイコン
  • 映画.com
  • filmarks

© 2019 Spectra Film